2018.9.9

ロン・デイヴィスの公式アルバム4枚、CDでやっと揃いました。
ロン・デイビスのウェッブサイトで販売されている未発表アルバム「ホエアー・ダズ・ザ・タイム・ゴー」2003年発売。(現在は販売しているかは不明)スワンプ臭は薄いですが…
惜しくもこれがラストアルバムとなりました。
1st,2nd は再発しましたが、見つけたら即、買いましょう!

13年経って最近やっと手に入れました。ジム・パルトの1st CD。ジェシ・エド・デイヴィスのプロデュース&ギター、ドクター・ジョン、ジム・ケルトナー等のナイスなプレイでスワンプテイストが随所に染み込む名盤。未だに再発の予定無し。 😢以前はアマゾンや、中古市場で高額で取引されていましたが、ヤフオクで1,000円で入手できました。他に入札が無かったので…なぜ!?

名盤紹介 シンガー・ソング・ライター編

やっと Get しました !!

Eddie Mottau 「NO TURNING AROUND」1973

雪景色の中、子供の手をひいた後ろ姿のジャケットが印象的な

メランコリックで心暖まる永遠の名盤 !

 

 

Larry Murray 「SWEET COUNTRY SUITE」 1971

スワンプウォーターズの面々をバックに、カントリー・ロックとゴスペル的な要素をラリー流にブレンドした名盤。

Rita Coolidge 「RITA COOLIDGE」1971

全体的なサウンドは、カントリー寄りのロックにR&Bやゴスペルのムードを加味したもので、もっとも ”黒っぽい”作品のひとつ。

Arlo Guthrie 「HOBO'S LULLABY」  1972

ライ・クーダーのボトルネックが全面に満ちあふれ、バンジョー、フラットマンドリン、アコーディオン、フィドルの名手たちが脇を固める。

アーロの最高傑作!!

昭和の名盤 「ぼちぼちいこか」

「今でも色褪せない」て言うより、今の時代だからこそ輝いています。こてこてのアコースティック・ブルース。

有山さんのギターがしぶい!

 

 

 

最近(MAL WALDRON)マル・ウォルドロンの

「レフト・アローン」と言うEPレコード45回転にハマッテます。

 

超名盤ですが、LP、CDと聞き比べてこのEPレコード45回転は

良い意味で録音レベルのバランスが悪く、 サックスの音がやたら大きくて逆にすごい臨場感があり、 目の前で演奏している様な迫力があります。(店に有りますので聴きたい方は言って下さい。)

2015.5.8

堺ブルースフェスティバルへ行ってきました。

 

5月3日と4日の2日間、堺市役所の広場で第2回目開催。

4日はゲストでかまやつひろしさんと、永井ホトケさんが出演しました。

    What's New

2018.9.18

おすすめCD 更新

2018.9.9

ひとり言 更新

2018.9.2

Live Schedule 更新

2018.8.21

Live Schedule 更新

2018.8.4

Live Schedule 更新

2018.4.27

Live Schedule 更新

201710.16

Live Schedule 更新

2017.9.7

Live Schedule 更新

2017.7.5

Live Schedule 更新